あらゆることがスピーディに処理できる労務管理システム

スマホとPC

人事労務管理業務はシステム化して上長の負担を減らそう

スーツ姿の男性

管理職に昇進した多くの社員は、専門業務と管理業務のバランスのことで頭を悩ませるものです。自分の専門業務に手を付けたいと思いつつ、朝出社するとデスクの上には確認と承認待ちの部下からの報告書や申請書が山積みという状況はよくあります。会社によっては、管理職者一人当たりの部下の数が数十名というところもあり、人事と労務管理関連の仕事をさばいて、日中開催される多くの会議に出席するだけで定時になってしまう場合も珍しくありません。
そんな状況が社内で見られるようなら、人事労務管理システムを導入して、書類を使わない人事・労務管理を推進するのがおすすめです。部下からの勤怠状況に関する定期レポーティング、各種休暇申請などは、管理職者が自分の都合のつく時間にシステムにログインし、画面上で確認しながらどんどん承認処理することができます。
デスクが書類で一杯になっていると、重要な文書の紛失というトラブルも起こりがちですが、システムで電子的に処理する手順なら、その心配もありません。また、複数の人が確認・承認する必要がある申請は、紙ベースで対応していると、自分が捺印した後、次の承認者にその文書を届ける手間暇がかかりますが、システムなら、eメールを転送する要領で送信すれば済むので効率的です。

早期に導入しておきたい人事労務管理システム

最初からある程度資金にゆとりがあり、立ち上げ当初からスタッフを雇用して創業する場合は、人事や労務管理業務の担当者の採用は当面見送っておく方が無難でしょう。というのは、敢えて専門担当者を雇わなくても、人事労務管理システムを導入すれば、関連する業務の事務処理は大部分対応出来てしまうためです。
自分で立ち上げる会社であれば、人の採用や育成も当面は経営者自ら行う場合が多いでしょうし、事務的な手続きの大半をシステムで効率よく片づけられれば、人事スタッフの人件費を負担しなくて済みます。特に、立ち上げてしばらく営業活動を続けて業績が順調に伸びている場合、コア業務を担当できる人材を急ぎで採用する必要に迫られる可能性があります。その際、既に人事スタッフを採用済であることがネックになり、営業や研究、開発といった収益源となる業務担当者の採用数を減らさなければならないかもしれません。
人事や労務管理の業務は、社員数が膨大というほど多くはなく、管理系の業務の大半を経営者自身が行っている段階では、システムのサポートがあれば、さほど大きな負担を負わずに済むでしょう。導入すべきシステムとしては、人事関連の申請や給与明細発行、勤怠レポーティングなどを全て一元管理できるものが便利なのでおすすめです。

人事労務管理システムを導入して業務の効率化をしよう

単純な業務だけれど面倒な手続きが必要となる人事労務管理を効率化したいと思ったら、人事労務管理システムを導入すれば人事労務管理が格段に楽な作業となり、業務の無駄を省くことができるようになります。
人事労務管理システムのメリットを挙げると様々なものがあり、例えば従業員の入社や退社といった申請処理が楽になったり、書類をペーパーレス化してデータとして一元化することができたり、給与明細をWEB上で発行したり、従業員自ら雇用保険や社会保険の申請がスマートフォンやパソコンでできるようになったりと、メリットが多いです。人事労務管理システムを導入することによって得られるメリットをまとめると、迅速に正確な業務の処理が行えて、単純なミスを減らすことができたり、データを一元化して管理できるようになったり、データの伝達が楽に行えるというのがメリットとなります。
人事労務管理システムを導入すると、こんなにもメリットが受けられて、人事労務管理が楽になりますので、まだ導入していないのであれば、導入することをおすすめします。システムの安全対策は万全で、システム導入にかかる費用もさほどかからないものが多いので、是非、人事労務管理システムの導入を検討してみてください。


時間がないとき、ほかの仕事で手が回らない時、細かな申請が簡単に済ませられる『DirectHR』を使えばらくらく!最近リリースされたばかりの労務管理システムで、多数の電子申請に対応しています、現在無料トライアル実施中!